体と心の痛み・苦しみをとり、自立を助ける
 キララ鍼灸院
円山
札幌市中央区
健康保険  労災保険指定施術所


  冷え症状、体温を高める
  ホームに戻る


概要

キララ鍼灸院では、運動、食事の改善だけでは、なかなか治らないような、ひどい冷え症状が比較的短期間で改善します。

冷えは手足が多く、次に腰、お腹、首、肩、背中です。 顔の冷えもあります。 筋肉のコリによる血行不良が冷えを生んでいます。

その筋肉のコリを徹底的にハリで取り除きます。 そして血流を改善して冷え治します。 狙うのは場所はどこであれ筋肉です。 


結果は、客観的な事実の数字である体温を測定して、評価します。
36.5度を目指します

自信のある施術の一つです。 ぜひ来院して冷えを治して下さい。



冷えは万病のもと
改善すると若返ります

「冷えは万病のもと」や「がん細胞は低体温を好み、増殖は35度前後で盛んになる」と言われています。

慢性病で来られる患者さんの多くは、ひどい冷え症状を持っておられます。 うつ病やメンタル疾患の患者さんも、ひどい冷え症状を持っておられます。

その冷えを改善することは、すなわち身体全体の血流の改善になります。 むくみもとれ、スタイルも良くなり、筋肉の代謝が高まります。 そして脳の回復も促進します。

それにつれて皮膚も血行が良くなり、肌に艶がでて、身体全体が若返ります。

そして体温も上昇します。 すると身体内の化学反応である免疫力が高まります。


手足の冷え

手足の冷えです。 特に足の冷えを強く訴えられる方が多いです。 足の太腿には身体の中の最大の筋肉があります。 その筋肉のコリによる血流低下が足の冷えを生みます。

身体全体の筋肉量の比率から、大腿が改善すると身体全体への波及度が高くなります。

膝から下のふくらはぎは、血液を心臓に戻すポンプの役割があります。 その筋肉のコリも冷えを生みます。

太腿とふくらはぎの筋肉のコリを徹底的に取り、血流改善から冷えを取り除きます。



身体全体の効果:患者様の声

「身体中がポカポカしている」「手に触ると温かく、以前との違いが判る」「肩が温かい」などです。

首、肩、背中、腰、手、顔などの筋肉のコリは、どこにあってもコリをとります。 それで血流が改善されて温かくなります。

体温は最初が35.5度くらいでも、それが早期に36度の前半になります。 まだその時には、手足に冷えを少し感じますが、さらに体温が上昇するにつれて徐々にその感覚も改善していきます。 


今では早期の体温上昇は、キララ鍼灸院ではあたり前のように起きています。
それは理想的な健康体に戻る為の必要条件と考えています。



太腿の施術の効果:患者様の声

「太腿に血が流れ始めたのが分かる」、「太腿が温かい」、太腿に自分で触って「出でっぱりが消えた」と言われます。

太腿の筋肉は大きいので、その深部のコリを取ると血流が大きく改善できます。 効果を出しやすい場所です。

太腿の浮腫みも取れます。 特に太腿が外に張り出したような浮腫みが消えます。


ふくらはぎの施術の効果:患者様の声

多少の浮腫みがあっても、1回の施術で「細くなった」「スカートがはける」「浮腫みが取れた」「温かい」と言われることがあります。

1回で大きな効果を感じて頂けますが、ふくらはぎの筋肉のコリには根深いものがあります。 改善を進め、定着させるには更に数回の施術が必要です。



施術回数

首、肩、背中、腰等

冷えを訴えておられる方は、首、肩、背中、腰等のコリも酷いです。 コリ、すなわち冷えです。

それで来院の初回時は、首、肩の施術を行います。 1時間の休みなく施術しても、首、肩の施術で精一杯です。 2回目からは首、肩を大まかに施術して、次の段階の大腿とふくらはぎの施術に進みます。


大腿

普通の人は、仰向きで1回、うつ伏せで1回の合計2回の施術が基本です。
大腿の筋肉を酷使するアスリート場合はプラス1回から2回が必要です。

ハリに即効性があり、大腿の筋肉量が大きこともあり、改善の範囲が大きくなります。 それで多少のコリが残っていても、全体として冷えを感じることも少なく、日常生活上問題がありません。


効果も半年以上から数年は効果が持続すると考えています。


ふくらはぎ

元の状態が悪い方が多いです。 大腿と同時に施術します。 太腿の施術は2回ですが、ふくらはぎ施術は更にあと2回は必要です。筋肉のコリが根深く複雑です。



手足の末端の指の冷え

指の冷えには、以前は刺絡施術を多用しておりました。 刺絡施術は脳の視床下部にある自律神経の制御の中枢に作用させることができます。 その自律神経の調整で指の冷えを治します。

今は刺絡はそれほど使っておりません。 指の筋肉は小さいので、それ以外の身体の大きな筋肉のコリをとり、身体全体の血流改善を重視する施術法に変わりました。

筋肉のコリを取り、首、肩、背中、腰と手足が温かくなり、体温も36.5度に近づくと、患者さんからの指の冷えの訴えはほどんどなくなります。

もし実際に手足の指の冷えがあったとしてもそれに無頓着になられます。 私もそれ以上の施術は行いません。

もし太腿、ふくらはぎなどが温かくなったあとも指の冷えの主訴があればその時は刺絡をおこないます。



施術法の進化

施術法は日々少しづつ進化しております。 鍼灸の施術法はいろいろな手法があります。
その鍼灸施術と言う大枠の中で最適の施術法を見つけようとしております。

例えば、今まではこのツボを多用していましたが、この症状の場合はこちらのツボを使ってみたら効果があった。次からはこの新しいツボを使おう。

或いは新しい脳科学の知見を元に生理学の反応を考えた場合は、この筋肉から作用させると効果が得られるなどです。

そのようなことを鍼灸の枠組みの中で探しております。 その意味で日々施術法は進化しております。



作成 2019/09/07
施術法もいろいろと変わり、更新 2021/05/16